chomoku

"大衆演劇(旅芝居)の在る状態"が好きなので

2017年の感謝観劇 振り返り舞踊 前半6つ

2017年を振り返り 書き置きたい舞踊
1月から6月までの6つです

筑豊國太郎頭取「忠治侠客旅」@2017.1 和歌山夢芝居

f:id:chomoku:20180104150313j:plain

初めてリクエストというものをさせてもらった舞踊は
劇場の暗闇に浮かぶ いのちの炎

f:id:chomoku:20180104150418j:plain

この日の事を別記事に書いていますので
よかったら読んでやってください

 

蛇々丸さん「小鉄桜」@2017.2 木川劇場

f:id:chomoku:20180104150336j:plain

「動くピンナップスタァ」(と勝手に命名)
キャーじゃなくて「ぎゃああ」と声が^^;

f:id:chomoku:20180104150501j:plain
観ている時はただただ「ぎゃああ」ですが笑
改めて写真を見直すと 肘の位置とか指の形とか
1つ1つうつくしく「ぎゃああ」の理由が明らかに
小鉄」といえば わたしの中ではこのお方

 

 

美影愛さん「羅生門」@2017.3 新開地劇場

"映像"として焼き付いている1本
羅生門」と聞くと勝手に頭の中で再生が始まってしまう
一陣の風とともに


  

市川英儒座長「君への手紙」@2017.3.24 誕生日公演 鈴成り座

「劇場に来られた方だけに」との意向で写真は無しで・・
誕生日公演はこれで最後という夜の部のラスト舞踊
座長を慕う役者の方々が駆けつけられての終幕に
この曲がぴったりすぎて なんども思い出していました
「ずっと舞台に立ちます」と座長の決意表明に
拍手が鳴り止やまない

最後に飾られたタペストリ

f:id:chomoku:20180104151216j:plain

 

都若丸座長「道化師のソネット」@2017.5 朝日劇

一人芝居のような舞踊(こちらも写真は無しで・・)

日劇場の花道をゆっくりと漕いでゆく
動きから目に見えないものがいくつも浮かぶようで

若丸座長はよくミニショーラストにこのような入魂の1本をぶちかまされる。。
休憩中に余韻に浸れるようにとの配慮 なんでしょうか
だとしたら正解です 涙、涙
中舞踊の「ちょうちんの花」も絶品やと思います

 

三河家扇弥さん「佐渡の恋唄」@2017.6 ご老公の湯

f:id:chomoku:20180104150713j:plain

扇を、いつ出されたか わからなかった
気づいたときには 手に扇の花が咲いていました

途中から2本に

f:id:chomoku:20180104150739j:plain

写真がぶれてしまった・・・むむ無念

舞台空間で自由自在に翻り やがて手の中に収められてゆく
「その身体に完璧に備わった芸のすごさ」ただただ見惚れました

改めて写真を見たら着物も素敵やなあ

 

後半に続きますーー

 

 

Copyright © chomoku All Right Reserved.