chomoku

"大衆演劇が在る状態"が好きなので

参加させてもらいました:筑豊國太郎頭取を偲ぶ会@東海健康センター 2017年8月17日

8月17日午後3時、東海健康センターに向かって車で出発。お盆休みの混雑も落ち着いているだろうと思い込んで出たら大渋滞。がーん。そのためショーには大幅遅刻。。まあ半分は観られたからよかったとしましょう。。

 

初めての平針東海健康センター。 

f:id:chomoku:20170818172527j:plain

 

大宴会場はお客様いっぱい。

f:id:chomoku:20170818172506j:plain

 熱心に見るひとひと、拍手、手拍子、かけ声。すんごいいいムード。

テーブルにはビールや食べ物が並んでいる宴会場なのだけど、舞踊ショーの間は客電が落とされているので、視界に入らず、舞台に集中出来ます。 

f:id:chomoku:20170818182434j:plain

リラックスしつつ、みんなで舞台を見守り、芸に感嘆する。

変な連想かもですが、、、昔も昔まだ10代の頃、北海道へ渡るときに乗った、青函連絡船の二等船室を思い出しました。

青函連絡船が港に着くまでの一晩、客室に居合わせた者の間に生まれる連帯感と、舞台を一丸となって盛り上げようとする客席が、重なって。

いっぺんにこのセンターが好きになってしまいました。

 

 

筑豊國太郎頭取を偲ぶ会」

東海健康センターでは、毎月公演されている劇団さんとの交流会を開いておられるそうで、今回は特別にこういう形でとのこと。当初は40人くらいを想定されていたそうですが、増えに増えて60人くらいの参加者に。

席に着く前に頭取にお参り。

f:id:chomoku:20170818173024j:plain

写真は昨年12月のオーエス劇場の時のものだそう。
うんうん、この服着てトークしてくれはりましたね…

 

いつもの交流会では「乾杯」するところ、今回は「献杯」。

f:id:chomoku:20170818173037j:plain

素顔も男前三兄弟さんですが一応すっぴんなので写真はこれくらいの引きでご容赦^^

この先は、いつも通りの「交流会」に。正直「偲ぶ会」として何か語らいでもあるかと思ったので、やや拍子抜けしたのですが、、、でも、来てよかった。

f:id:chomoku:20170818173156j:plain

 

亡くなった人が生きている人にしてくれる、もっとも大きなことは、生きている人と人、それも、その人がいなかったら出会うことがなかっただろう人と人を出会わせてくれることだと、思う。

これまでの人生、たくさんの悲しい別れから、新しい出会いをたくさんもらってきました。

f:id:chomoku:20170818191406j:plain

 

さらに大衆演劇では「賑やかにするのが供養」という感じでしょうか、悲しい心を抱えながらも、追善公演が開かれ、お芝居を演じ、踊り、笑う。んです。

 

わたしも神妙にしていたのは始めのうちだけ、あとはテーブルで一緒になった方としゃべり、ビンゴゲームにジャンケン大会、目指せ豪華景品ゲット!と、すっかりノリノリで参加してしまいました^^;

f:id:chomoku:20170818173233j:plain

初めての交流会、1人で行っても大丈夫だろうか?浮いたりしないかな?と、ドキドキもので来たのですが、すっと馴染めて、会話に入れてもらえてありがたかったです。

 

 

「劇団と運営側とお客。この3つが協力して初めて最高の舞台ができると思っています」

この会を仕切っておられた、東海健康センターのKさんの言葉です。

大衆演劇はすごい文化ですよ。後世に残したい技や芸がいっぱい詰まっている」とおっしゃるKさんに、「ですよね!ですよね!」と力いっぱい相槌を打ち。

大衆演劇を盛り上げたくて、いろいろ企画を続けて来られたそう。以前はプロレスラーとのコラボも!見たかった〜。

「ここにいる1ヶ月間、役者さんがベストな状態で舞台に立てるようにすることが、会場を預かる者の役割と思うと、Kさん。

地域にも馴染んでもらいたいと、地域の方に引き合わせたりも。役者さんが「このセンターに来てよかった。もう一度来たい」と思ってもらいたいから・・・と。

なるほど、そういう取り組みを経て、あの会場の盛り上がりがあり、この打ち解け度100%の交流会があるのだなあと納得しました。

 

このパネルはスタッフの方によるものだそうです。

f:id:chomoku:20170818174329j:plain

筑紫桃太郎一座のみなさんがこちらで公演されたのは7年前とのことですから、写真は7年前のもの。

大切に保存されていらっしゃったんだなあ。

待っておられたんだなあ。。。

そう思うと、涙がこぼれます。

 

わたしも。。今年1度、頭取にお話を伺いたいとお願いしたところ、快く応じてくださり、教えてくださったこと、忘れません。

筑豊國太郎頭取に、何か出来ることはないだろうかと、、、そんなこと全くの自己満足ですが、、偲ぶ会に混ぜてもらいたくて、強行でやってきた。

f:id:chomoku:20170818182652j:plain

 

偲ぶ会がなければ、来ることがなかったかもしれないこの場所で、思いがけず良い出会いをもらえて、少しでも劇団のみなさんのお話も聞けて、ありがたかったです。

帰りもやや渋滞気味でしたが、辛さを感じませんでした。

 

www.tokaikenkocenter.com

 

Copyright © chomoku All Right Reserved.