chomoku

"大衆演劇が在る状態"が好きなので

ピンクの鬘と大団扇〜梅南座のママさんの大入りパフォーマンス

少し前にフェイスブックに書いた記事をブログにも:

4月28日、若手の介護職の方の集まりの場で、大衆演劇をテーマにミニトークをさせてもらうことになりました。

普段の劇場の様子を紹介するのに、撮りためた写真フォルダをごそごそ、1年前のこんな写真を発見しました。

f:id:chomoku:20170814083505j:plain

大阪市西成区にある梅南座。こちらの小屋主のママさんは「大入り」が出たら、ピンクのかつらをかぶり「大入御礼」の垂れ幕を持って登場。

さらにその上「ダブルの大入」の時は、巨大うちわを持ってぶんぶん仰ぐという、目出度いパフォーマンスをしてくれる。上の写真がそれです。

 

f:id:chomoku:20170814091851j:plain

舞台の上の役者さんは、舞踊の最中でも、この「大入り」の登場を見たら「やったー!」とガッツポーズ。お客さんもやんやと拍手。

 

ママさんはおでん名人でもあります。

 

f:id:chomoku:20170814093327j:plain

5種類入って500円なり

 

役者さんからは「こんにゃく婆ァ」なんて、限りない親しみと敬意を持って呼ばれています。

舞台の上だけじゃない、お芝居小屋そのものにもドラマがいっぱい。
そのドラマがなかなか濃くて一筋縄ではいかない。

語り始めるときりがありませんが、まずはまずはのとっかかりに、こんな話もレジュメに忍ばせたのでした。

 

南座

大阪市西成区梅南1-8-22
地下鉄四ツ橋線「花園町」駅から徒歩5分
阪神高速松原道「なんばIC」から20分
昼の部12時から 夜の部17時30分から
木戸銭 1300円(前売り1000円)

詳しくは公式サイトまたはKANGEKIの案内ページをご覧ください

梅南座

e-kangeki.net

 

Copyright © chomoku All Right Reserved.