読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chomoku

"大衆演劇が在る状態"が好きなので

2016年の大衆演劇へ感謝観劇 心に刻まれた舞台その4 〜「 歌」の楽しみ 5人の方のステージより

劇団あやめ 大衆演劇 章劇 浪花劇団 たつみ演劇BOX 劇団飛翔 観劇記録

2016年、テレビの中の歌い納め番組「紅白」や「レコ大」が終わったようですが、大衆演劇の舞台でも、この1年、素晴らしい歌のステージが繰り広げられておりました。

大衆演劇の役者の皆さん「歌」も相当達者でいらっしゃって、「なんでこんなに何でもできはるの!?」と驚いてばっかりです。歌唱はもちろん、その方ならではの持ち味と、「お客さんと一緒に」という心意気がみなぎるステージングが大好きです。たくさんの歌を聴かせてもらいました:

 

千鳥さん(劇団あやめ)@笑楽座 2016.7.30 千穐楽

f:id:chomoku:20160802160522j:plain

「感謝状」(作詞:星野哲郎 作曲:弦哲也

アカペラで。あまりのうまさにびっくり。力強く、艶やかでよく伸びる声。大衆演劇界のカストラート?!

千鳥さん「かーん しゃ じょうおお〜〜〜♪」

客席「パチパチ(うーんいいなあ〜)」
千鳥さん「お〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪」(まだ伸びる)
客席「えええええ??(まだ伸びる?)」
千鳥さん「お〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪」(まだまだ伸びる)
客席「すすすすごい〜っ!!!」

この間、まったく息継ぎなし。どれくらい伸びたのか、ストップウォッチで測っておきたかったです。感嘆の声と拍手喝采。「ずっと聞いていたい」とお客さんがた、口々に。女が女に惚れる図でしたね。。。残念ながら1回しか当たらなかったので、また聞きたいなあ。

 

 

大川龍子さん(浪花劇団)@御所羅い舞座 2016.12.24 昼の部 

f:id:chomoku:20170101072828j:plain

「みんな夢の中」(作詞作曲:浜口庫之助

なくしてしまった恋を「どうせ夢だもの」と歌われる、歌詞は悲しいけれど 美しいメロディーの、しっとりとしたいい曲。大川龍子さんの歌唱で初めて知りました。

このブログでもなんども書いてますが大衆演劇界のアレサ・フランクリンと、勝手に呼ばせてもらっている大川龍子さん。大変な声量の御仁で、マイクセーブしないといけないくらいで、でも、時々リミッターを振り切って歌われる場面があり、その瞬間が「ゾクゾク(うーん、なんてソフルフル)」たまらんのでありました。

演歌と浪曲は旅かけてこそブルース。

世の連れ、人の連れ、流れてゆくのが吉。

 

 

澤村章太郎後見(章劇)@ユーユーカイカン 2016.5.26 昼の部

f:id:chomoku:20160601035659j:plain

「旅鴉半次郎 ふりむけば夕陽」(作詞:保富康午 作曲:遠藤実

歌といえばこのお方は外せません。2016年もやっぱりこの歌。他の会場ではどうなのでしょうか、ユーユーカイカンではこれを聴かないと幕が閉まらないほどの定着率・認知度です。

途中セリフのところ:

後見「お嬢さん!」
客席「はいっ!」
後見「(???戸惑いながら)お嬢さん!」
客席「(さらに大きな声で)はいっ!」

優しい後見は、客席を占める「元お嬢さん方」を、ちゃんと「お嬢さん」扱いしてくださるので(オッチャンも含め)、みんな笑顔ホクホク。

ハスキーで甘〜い低音にゾクゾク。いやー素敵であります。

 

 

恋瀬川翔炎座長(劇団飛翔)@明石ほんまち三白館、浪速クラブ他

f:id:chomoku:20160526033932j:plain

「炎」(作詞:三浦康照、作曲:和田香苗)

恋瀬川翔炎座長といえばこの歌ですよね。説明不要、初めての方も全員参加させてしまうパワー、巻き込み力は、業界随一ではないでしょうか。

座長「燃えろ燃えろ燃えろ♪」
客「しょーえん!」
座長「はいよ、燃えろ燃えろ燃えろ♪」
客「しょーえん!」
座長「なあに、炎よ燃えろ〜♪」

合いの手の中でも、この「なあに」というのが好きで、何回聞いてもクフフと笑んでいます。歌詞の「惚れた女を道連れに」のところを「惚れたお客を道連れに」と替えて歌うのが、しょーえんバージョンです。

 

 

小泉ダイヤ座長(たつみ演劇BOX)@新開地劇場 2016.10.6 夜の部

f:id:chomoku:20170101073258j:plain

 
「まずい歌ですが聞いてください」と言って歌い始められる、ダイヤ座長。朗かな地声での歌唱、持ち前の明るいムードのステージングに惹かれます。「DAIYA」の名とダイヤ柄の着物にも注目。

楽しみの1つに「ペンライト」。ダイヤさん、毎回、客席のペンライトの数を「日本野鳥の会」よろしく数え挙げられるのです。歌の最後に「今日は○○本でした。応援ありがとうございました〜!」と、発表してくれるのが嬉しくて、頑張って振ってます。

この年になってペンライトを振るとは思いもしませんでしたが、いやー、、、楽しいです。笑

ペンライトなどの「光りもの」を、観劇グッズとしてカバンに常備してまして、観劇以外にも自転車のライトにも使っています。

便利で可愛い子 なんですよ

f:id:chomoku:20170101071140j:plain

このあひるのペンライトは蛙子さん(@kaebullet)にいただいて、スペアを求めておもちゃ問屋さんへ、1ダース求めました。12本。どないすんねん〜と思いましたが、お譲りしたりしているうちに、使い切り、年末に補充しました。

 

大衆演劇の舞台の楽しみに1つの「歌」のコーナー。どの劇団さんにも、歌手がおられて、ここから知った歌、好きになった歌がたくさんあります。

2017年も楽しみに。。。  

 

 

 

 

Copyright © chomoku All Right Reserved.