読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chomoku

"大衆演劇が在る状態"が好きなので

2016年4月9日夜の部 お芝居「親子笠」劇団春駒@笑楽座

劇団春駒 大衆演劇

2回めの観劇になる劇団春駒さん お芝居は特選狂言「親子笠」でした

 

f:id:chomoku:20160414095211j:plain

写真は同日のラスト舞踊「望郷じょんがら」より

(あらすじ)

やくざ渡世の不条理に巻き込まれてしまう父と子の、心の通い合いが丁寧に描かれたお芝居。1幕3場、約1時間

(以下、メモから筋書き起こし。名前の漢字は当て字です)

佃の仁蔵(美波大吉座長)は、町衆から情け深い親分と評判で、息子の新太郎(美波恵太さん)も、立派な若者と噂されている。それを妬む川向一家の親分(白麿風雅さん)は、すきあらば縄張りを横取りしようと企んでいる。

祭りの日、川向一家の用心棒(美波天さん)が、子分の1人(美波遥さん)に入れ知恵。新太郎にわざとぶつかり財布をくすね、喧嘩を誘うように言う。立派になったとはいえ、まだまだ若く経験が浅い新太郎は、まんまと引っかかり、川向一家の若いもんに、怪我をさせてしまう。

佃の家では、仁蔵と、新太郎の幼なじみのおみつ(美波志穂さん)が、帰りを待っている。帰ってきた新太郎に、仁蔵が言う。「おみっちゃんが、お前の女房になってもいいと言ってくれているぜ。堅気の娘さんがよ。ありがたい。死んだおっかさんも、わしも安心だ」

喜びもつかの間、川向の用心棒と若いもんがやってきて、新太郎に怪我をさせられたことに対して、おとしまえをつけろと、仁蔵にすごむ。

仁蔵は息子の非礼を詫びるが、聞き入れない用心棒。仁蔵とは因縁の間柄。容赦ない。

用心棒の言う「おとしまえ」とは、息子の首か、佃一家が町衆から任されている祭りと賭場の権利を一切合切よこすかの、2つに1つと言う、無体すぎる話だった。。。

 

(感想など)

とても悲しい内容でしたが、、、それぞれの登場人物の人となりと、思いが、随所に表現されていて、すーっと心に入ってくる、よいお芝居でした。

やくざ渡世のしがらみ、ガチガチの掟の前に、真面目な者ほど損をする。それでも、それぞれが、いまわの際に、情けをかけあうところに、見ている側も、どうしょうもなく、泣いてしまう。

座長演じる仁蔵の葛藤の場面が、迫りました。息子を決闘の場に送り出すも、気づく。「死んだ女房に対して申し訳が立たないじゃないか」と。

 

f:id:chomoku:20160414104315j:plain

佃の仁蔵親分役 美波大吉座長

 

位牌を抱いて言う「新太郎が死んだら、お前が生きた証までなくなっちまう。それだけはいけねえ」

自分を戒めて生きてきた仁蔵が、理想の親分として筋を通すことよりも、情けに負ける一人の弱い人間、ただの父親に、還るのです。

そして、もう1つ、少しネタバレになってしまいますが、用心棒も。
最後の最後で、仁蔵に「情け」を示します。

誰も悪くない。必死で生きている・・そして、最後の最後に、ようやく、自分の本心、「人間らしさ」を取り戻す。最後の最後というのが、あまりにも悲しいのですが、、、それらが、ひとすじの希望となって、エンディングにつなげられているのですね。。と、結末を書かずに説明するのは難しく、わかりづらいかもですみません。是非、生の舞台をご覧いただきたいです。

 

座長、若手のお三方、全員熱演

笑楽座の舞台は狭いので、刀を持っての殺陣などは、演じる方は、かなり怖いと思うのです。そんな中を、スピーディーで、力強い立ち回り。真剣勝負。だからこそ、ぐっと迫るものがありました。

 

以下、舞踊の写真をアップします:

 

f:id:chomoku:20160414135012j:plain

新太郎役 二代目 美波恵太さん 「カン★ゲキサイト」によればまだ18歳
等身大の若者らしく爽やかでよかったなあ

  

f:id:chomoku:20160414102851j:plain

用心棒役 花形 美波天さん 21歳
秘めた迫力を滲ませる演技 

 

f:id:chomoku:20160414103949j:plain

 川向一家の若いもん役 花形 美波遥さん 20歳
とても惹きつけられる役者さん 舞踊「X」には度肝抜かれました

 

f:id:chomoku:20160414103819j:plain

おみつ役 美波志穂さん 安定の美貌と演技というフレーズが浮かびました
舞踊は「震えて眠る子守唄」

 

f:id:chomoku:20160414103540j:plain

川向一家親分役 白麿風雅さん こんなよい笑顔でワルイ役って〜笑
歌がめちゃ上手くて聞き惚れました

 

f:id:chomoku:20160414104040j:plain

頭・花柳きよしさん 舞台を引き締める役者さん
舞踊は「大阪しぐれ」化粧も衣装もいいなあ

 

 

劇団春駒 4月公演@笑楽座

お外題表いただきました 遠いのでありがたや〜:

 

f:id:chomoku:20160414105022j:plain

 

f:id:chomoku:20160414104628j:plain

4月1日から29日のお昼まで

開演:昼の部12時 / 夜の部17時

大阪市大正区千島3丁目12−7

アクセスなどの詳細は「カン★ゲキ」サイトをご覧ください

e-kangeki.net

 

 

 

 

Copyright © chomoku All Right Reserved.