chomoku

"大衆演劇が在る状態"が好きなので

本家真芸座

2016年の大衆演劇へ感謝観劇 心に刻まれた舞台その3〜相舞踊、一人ラストショー、1か月の公演、客席でもらったものなど

2016年の観劇を振り返って 印象に深く残っている舞台から、お芝居も舞踊もまだまだ、ありすぎて書きれませんが、相舞踊、ラストショーなどを、思いつく順に、書き置きます。つらつらっと お付き合いください〜: 相舞踊「おさん茂兵衛」一條こま座長・大御笑…

2016年の大衆演劇へ感謝観劇 心に刻まれた舞台の数々より〜 個人舞踊6つ

「びっくりした」。 1年振り返って、特に印象深かった舞踊を思いつくまま上げてみたところ、これがキーワードになっているような。 とにかく、びっくりした。表現に。技に。場との溶け具合に。 あと一つ挙げるとしたら「らしさ」かも、、、 「びっくり」と…

2016年11月7日夜の部 本家真芸座@庄内天満座 お芝居「十六夜鴉」後編

お芝居「十六夜鴉」後編です〜(前編はこちら)引き続き、ネチネチ!細かく!書きます笑 長いですがどうぞおつきあいくだされ〜:: 舞踊ショーから「桜音頭」 おみよ役 片岡小梅さん ベビー志月ちゃん 横車一家若いもん役 片岡桔梗さん 横車親分の横暴三昧…

2016年11月7日夜の部 本家真芸座@庄内天満座 お芝居「十六夜鴉」前編

夜の部、駆け込み ミニショー終わりかけに着席 ミニショー 舞踊の歌の1番が終わってから 客席を見渡し 丁寧にお辞儀をされる片岡梅之助総座長 いつも決まってなさる この瞬間が 舞台への儀礼のようでとても好きです お芝居は「十六夜鴉」 今回は座長に許可…

「鉄火肌」〜 舞踊ショーの「大江戸喧嘩花」より

「大江戸喧嘩花」 (作詞:松井由利夫 作曲:遠藤実 歌:小林幸子) 大衆演劇の舞踊でよく使われる歌の1つ。アレンジも華やかで、舞踊ショーにぴったり。メロディーも明るく「元気の出る歌」だと思うのですが、どこか切ない気持ちにもなってしまう歌です。 …

2016年9月9日夜の部 本家真芸座@明石ほんまち三白館 お芝居「喧嘩屋五郎兵衛」ゲスト劇団大川椿裕二座長

9月9日夜の部、明石ほんまち三白館へ ミニショーなし、お芝居からの開演でした。 片岡梅之助総座長 舞踊「傘ん中」 「喧嘩屋五郎兵衛」あらすじ(冒頭のみ)と配役 大衆演劇の定番のお外題で、縁談話が人違いだったことから起きる悲劇の任侠もの。1幕4景…

2016年6月26日夜の部 本家真芸座@明生座 お芝居「佐太郎仁義」

6月最後の日曜の夜、明生座へ。お芝居は「佐太郎仁義」でした。 あらすじ(冒頭のみ) 渡世人の佐太郎と、佐太郎に恋する芸者小鈴が活躍?する時代人情喜劇。約60分、1幕4景。(以下メモから書き起こし。名前の漢字は当て字です) 今日は法華一家の親分…

2016年3月14日 お芝居「晩鐘」本家真芸座@十三遊楽館

先月のお芝居の事を1ヶ月遅れですがやっとこ書きました:大阪での仕事前、お昼の部のミニショーとお芝居を観劇。舞踊ショーは見られず (あらすじ) 人情現代劇。1幕1場、65分。 (以下、メモより書き起し、名前の漢字は当て字です) 舞台は粗末な民家。…

2016年3月17日夜の部 本家真芸座@遊楽館 お芝居「峠の茶屋」

(あらすじ) 人情時代劇。山深い一軒家の、ある1日の出来事。60分、1幕1場。幕があくと、背景幕に山の風景、舞台上手に粗末な家の玄関のセット。物語は、この家の前を舞台に、繰り広げられます。 (*登場人物名の漢字は当て字で書いています) *メモ…

「はぐれコキリコ」演歌から見える風景

演歌「はぐれコキリコ」は、大衆演劇の舞踊でもよく使われている歌です。 はぐれコキリコ(歌 成世昌平/作詞 もず昌平/作曲 聖川湧) "立山に両の掌合わせ せめて便りが 噂が欲しいまだ未練たち切れないと なぜなじる 越中 雪の湯の町でおんなが歌う ああ …

2016年2月21日 昼の部 本家真芸座@鈴成り座 お芝居「板前兄弟」

「大衆演劇を観に行こう運動」を、ときどきやっています。 友人知人で、このひとなら付き合ってくれるかな?と思うひとを一本釣りして劇場へ連行(笑)するだけなのですが、今回は、これまでも何度か付き合ってくれている、仕事仲間のKさんを、久しぶりにご…

2016年2月19日お芝居「兄弟とんぼ」本家真芸座@鈴成り座

2016年2月19日 鈴成り座(大阪市西成区)本家真芸座公演 夜の部へお芝居は「兄弟とんぼ」でした。 エンディングショー「大江戸喧嘩花」から (あらすじ) やくざ渡世に生きる男たちの悲哀と情を描いた物語。 源太(片岡大五郎座長)は「兄貴」(豊島屋虎太朗…

2016年2月7日 お芝居「北向きの虎」本家真芸座@鈴成り座

2016年2月7日夜の部、鈴成り座(大阪市西成区)へ本家真芸座を観劇に。お芝居は「北向きの虎」という現代劇でした。 (あらすじ) 北海道の炭鉱で働く"訳あり"の男たちを描いた人情劇。(1幕1景) 北海道の炭鉱のなかでも過酷なことで知られる"三番坑"の飯…

2016年1月6日 お芝居「おけさ兄弟」本家真芸座@天然温泉ゆの蔵

大衆演劇が観られる門真市の温泉施設「天然温泉ゆの蔵」にて、公演中の本家真芸座、お芝居は「おけさ兄弟」定番のお外題の1つですが、わたしが観たのは今回が初めてでした。 (あらすじ)1幕2場 50分 おけさ村の百姓家。新助(片岡梅之助総座長)が野良…

Copyright © chomoku All Right Reserved.