chomoku

"大衆演劇が在る状態"が好きなので

「滝の白糸」から

先日、劇団十六夜さんの「滝の白糸」を観て、だーだー涙を流していました。 「3年、仕送りをしていりゃ、世の中の暮らしというものが少しわかる気がしてきた。 こんな見栄を張る商売をしているから、人様の暮らしなんてわからなかった。 学問をするのにどれ…

お芝居小屋の客席で・悲しぃてやがて胸熱くなる夜 自分の想像なんぞはるかに超えるここはやっぱり天国だと思う

仕事を切り上げ、夜の部の公演を観に劇場へ。 その日は開演時間に間に合わず、劇場の扉を開けたらミニショーが始まっていました。200人くらい入れる客席に座っている人はまばらで、少し寂しい状態でした。それでもいつもと変わらず美しく化粧をし、着付け…

まずい声の、抱きしめてくれる歌

「最後にあの歌、歌ってくれねえか」 「ああわかったよ。まずい声だが、聞いてくれるかい」 そう言って、おむもろに歌いだすーー お芝居の大詰め、こんな場面に出会うことがあります。 「まずい声だが・・」のあたりで、早くも涙が出てしまいます。 歌うこと…

殺人の罪で服役している人のこと 山本譲司著「獄窓記」より

第3章「塀の中の掃き溜め」より 一般的に言うと、殺人犯というのは、気が短い人間だと思われがちだが、寮内工場で出会った人たちは、そうではなかった。殺人罪で服役している8人全てが、温厚でおっとりした性格の持ち主だった。耐えに耐えて、忍びに忍んで…

「失う」ことが苦しみだけではないことを

新聞記事より 「芸術」という営みは、「失う」ことが苦しみだけではないことを、人間に伝えるために存在しているからです。 一枚の絵、一つの曲、一篇(いっぺん)の詩、一冊の小説、どれも作り手たちが、何かを失うこととひきかえに作り出されたものばかり…

2017年10月の感謝観劇

2017年10月、ありがとうございます。 劇団神龍@九条笑楽座旗揚げ公演「三人出世」「浪人木曽節音頭」 春陽座@千鳥劇場「夢の中の父子」「立花左近〜大石東下り」「人生双六」「殺陣師一代市川段平」「お伊勢帰り」「下積みの石」「梅川忠兵衛」「子守唄」…

江戸の朝霧のもやもや

「江戸の朝霧」は、いろいろな劇団さんで演じられている、大衆演劇の定番の時代任侠劇です。 主人公は侠客としてまだ駆け出しの"二代目"。古参の親分からいちゃもんをつけられ額を割られ子分を斬られ縄張りは奪われ…と、散々な目に合わされるも、忍の一字で…

神様みたいなお客様 

「お客様は神様です」この言葉のそもそもの意味から、ちょっと飛躍した使われ方・・・「金を払とるんやから客の言うことを聞け」みたいな、ゴネ客の常套句にも使われてしまう昨今ですが。ありがたいことに、大衆演劇の劇場の客席には、神様みたいなお客さん…

2017年9月の感謝観劇

台風が来たり 仕事で煮詰まってたりで 諦めた日が幾日か観たかったお外題が通り過ぎ・・またいつか会えますよう 劇団あやめ@此花演劇館「人情春雨傘」「ちんさぐぬ花」「下北の弥太郎」 たつみ演劇BOX@新開地劇場「春雨新五郎」「恋の高岡」「丹下左膳」「…

2017年8月の感謝観劇

暑かったです(当たり前ですが^^;) 嵐山瞳太郎劇団@オーエス劇場「木曽節音次郎」「三公と棟梁」梅澤秀峰さんゲスト「若き日の森の石松」嵐山瞳太郎座長誕生日公演 劇団あやめ@がんこ座「夏祭お七しぐれ」 咲之阿国祭り「四谷怪談」 澤村慎太郎劇団@羅…

参加させてもらいました:筑豊國太郎頭取を偲ぶ会@東海健康センター 2017年8月17日

8月17日午後3時、東海健康センターに向かって車で出発。お盆休みの混雑も落ち着いているだろうと思い込んで出たら大渋滞。がーん。そのためショーには大幅遅刻。。まあ半分は観られたからよかったとしましょう。。 初めての平針東海健康センター。 大宴…

2017年8月12日 劇団あやめ@がんこ座 お芝居「夏祭お七しぐれ」

「誰もいないさ。あるのはかぼちゃ畑だよ」(おしげ) 姫猿之助座長 インディペンデントな匂い ・・・を感じて、好きなのです。 現在座長以外のメンバーが全員女性である劇団あやめさんは、独自路線、というような言い方をついしてしまうのですが、役者・姫…

柝(き)の音・地声のお芝居・あると嬉しい配役紹介

柝(き) お芝居の始まりや、幕切れを知らせる柝の音が好きです。 「チョン、チョン、チョン、チョチョチョチョ・・・チョン!」 最近は柝を使わず電子音で代用されるところが多いのですが、それだとキンキン響いてちょっとキツく感じる時が。 柝を使ってお…

ピンクの鬘と大団扇〜梅南座のママさんの大入りパフォーマンス

少し前にフェイスブックに書いた記事をブログにも: 4月28日、若手の介護職の方の集まりの場で、大衆演劇をテーマにミニトークをさせてもらうことになりました。 普段の劇場の様子を紹介するのに、撮りためた写真フォルダをごそごそ、1年前のこんな写真…

「川の茂みも薄情な」・・・お芝居「紅蜥蜴 べにとかげ」劇団武る@鈴成り座 ゲスト沢田ひろしさん 2017年8月6日夜の部

「こんな守り袋、持っていたって仕方がねえと、ある時、俺ぁ川へ投げ捨てた。川の茂みも薄情な、止めてもくれず、下へ下へと流れていったぁ・・・」(紅とかげの銀次郎) 時代人情劇「紅蜥蜴(べにとかげ)」 ■あらすじ(メモから書き起こし・途中まで・敬称…

筑豊國太郎頭取 幕間トークメモ 2016年12月オーエス劇場と2017年1月夢芝居

舞踊ショーが始まる前の、筑豊國太郎頭取のおしゃべりタイムを、いつも楽しみにしていました。 旅役者の方が語る昔の話やお芝居談義が大好きなので、ただ聞き流すにはもったいなくて、頑張ってメモしていたものから2日分を書き起こしました(ブログに書くに…

筑豊國太郎頭取@2017年5月20日 夢芝居

筑豊國太郎頭取 筑紫桃太郎一座花の三兄弟 2017年5月20日 和歌山岩出市夢芝居にて この日の舞踊は「男の港」 高く上げた腕を 下ろすとき 大きな手のひらで 何かを描く よく「命を削るような表現」という言い方をする この時、思ったのは いのちを削るという…

2017年7月の感謝観劇

新生真芸座@浪速クラブ「祈り…あなたがいるから」 劇団花吹雪@羅い舞座京橋劇場「番町皿屋敷お菊と播磨」 たつみ演劇BOX@朝日劇場「仇同士」ゲスト三河屋諒さん小泉たつみ座長襲名20周年記念公演「夏祭浪花鑑」ゲスト逢春座・浅井劇団 逢春座・浅井劇団…

浅草木馬館前の「磯一」さんで和む

何年ぶりかに浅草に来て思ったのは、ここを歩いている人がみーんな、めっちゃええ顔をしていること。 この世には心配事などまるでないかのように、世界各国からこれほどたくさんの人が集い、笑っているところは他にあるだろうかと、思いました。 さて浅草に…

2017年6月の感謝観劇

劇団心@オーエス劇場 旗揚げ公演「役者の心」「任侠」「佐吉子守唄」 新川劇団@鈴成り座「江戸の朝霧」「唐人お吉」「風雪情けの一夜」「絆」「残菊物語」ゲスト沢田ひろしさん 優伎座@京橋羅い舞座「男秩父縞」 市川おもちゃ劇団@朝日劇場「弥太郎笠」…

十三木川劇場お隣のたこ焼き屋台

大阪十三にある、木川劇場。 そのお隣に小さなたこ焼き屋台があります。 ジモティーのikuさんに教えてもらいました。 この場所で、むか〜しからやっておられるそうです。 店主さんは優しげな、シュッとした素敵な女性で、、、わたしゃあ一目でファンに。 今…

犬が好きすぎる人たち

去る5月の梅南座、お芝居後の口上挨拶で。 舞台袖から2匹のワンちゃんが首からカゴを提げて出てきました。 彼(彼女)らは劇団大川さんの愛犬で、プレゼントレイの販売隊。舞台から花道へトコトコ、客席に愛想いっぱい振りまいてくれるので、つい「可愛い…

2107年5月の感謝観劇

5月は憧れの秋田康楽館へ azuさんに連れて行ってもらって行くことができました。また行きたいなあ〜 お金と時間を作って もちろん心にもゆとりを、、 逢春座・浅井劇団二座合同公演@高槻千鳥劇場「小桜万治」「男吉良常」「木曽の勘太郎」「国定忠治物語」…

お芝居小屋は国の重要文化財 下町かぶき組「夢之丞」奮闘公演@康楽館

夢のような1日。 下町かぶき組「夢之丞」奮闘公演@康楽館。1日3公演、全部観てしまいました。 舞踊ショーの夢之丞座長 女形 5月17日、秋田県小坂町は憧れの康楽館へ、行ってまいりました 落成は明治43年。小坂鉱山の経営者が、従業員とその家族のた…

2017年4月の感謝観劇

今月もたくさん観ることができました。ブログ、ガンバって書かないといけない。。うー 本家真芸座@オーエス劇場「愛しき日々」「風雪親子旅」「不如帰」「三浦屋孫次郎」「お伊勢帰り」「たった一人の女」 新川劇団@千鳥劇場「大井追っかけ音次郎」「芝浜…

2017年3月の感謝観劇

「観たいお芝居が多すぎて困った」なんて贅沢なこと。。。関西にいるとこんな贅沢が当たり前に思ってしまう。東も西も、劇場やセンターが閉じられる話が止まらない。ならば、ここから、1人から。 筑紫桃太郎一座花の三兄弟@遊楽館 藤千乃丞さん特別出演「…

夢の住処

大衆演劇が好きで好きで。 昨晩も、あるお芝居小屋にいて。 「ざちょうぅぅぅ!!」「さんだいめっ!!」 客席の後方を陣取った女性たちの、腹筋を使った良い声が、 スコーンと舞台へ飛んでいくのを、うっとり聞いていました。 お客の熱さに、舞台もノリノリ…

2017年2月の感謝観劇

ナンテコッタイ ブログ全然書けてないままあっという間に2月が終わってしまいました涙 楽しく感慨深いことてんこ盛りの1月間でした。感謝、感謝。 浪花劇団@木川劇場 劇団あやめ@此花演劇館 本家真芸座@やまと座 紅劇団@鈴成り座 劇団美山@舞い舞座京…

2017年2月の観劇記 その1 ベテラン的品と毒 〜 山戸一樹さん・華月慎さん

今年に入ってからブログをなかなか書けず。。仕事もバタバタ家のこともバタバタ時間あらへん〜って言いながら、相変わらず「隙あらば観劇」余暇のほとんどをお芝居小屋で過ごしています^^; 2月も、はや後半。どんどん過ぎてしまうので拝見した舞台からダ…

「見巧者」の真似事はじめ

「上方芸能」のバックナンバー198号に載っていた「見巧者(みごうしゃ)」について書かれた記事から、最近観劇しながら考えていることに、とても良い示唆を受けました。 少し長くなってしまいますが、引用します: 「現在に見巧者は生存可能か?」(情報科学…

Copyright © chomoku All Right Reserved.