chomoku

"大衆演劇が在る状態"が好きなので

「見巧者」の真似事はじめ

「上方芸能」のバックナンバー198号に載っていた「見巧者(みごうしゃ)」について書かれた記事から、最近観劇しながら考えていることに、とても良い示唆を受けました。

 

f:id:chomoku:20170209075937j:plain

 

少し長くなってしまいますが、引用します:

「現在に見巧者は生存可能か?」
情報科学芸術大学大学院教授 小林昌廣)

見巧者。直訳すれば「見ることに巧みな者」ということになる。文筆家の天野祐吉は、この見巧者について、こんなことを述べている。

"で、そういう見巧者というのは、見方がじつに細かい。芸のディテールにうるさい。たとえば、近松門左衛門の「曽根崎心中」を見るとしますね。いまの観客だったら、あんなことで死ななくていいんじゃないか、とか、二人を苦しめている封建的な社会制度にモンダイがあるんじゃないかとか、広い視点からものを言う。

でも、当時はそういう視点は閉ざされていましたから、必然的に観客の目は、芸の細部へ細部へと、向けられていったんですね。で、「きょうの幕切れの藤十郎は、もうひとつ手のあげ方が低かった」なんてことを言う見巧者が生まれていったんだと思います。

つまり、目(と耳)だけが異常なくらい洗練された観客が多くなっていったわけで、そういう観客の要求にこたえるために、芸もまたどんどん洗練されていく。…" (引用元:http://amano.blog.so-net.ne.jp/2005-12-14

 

また、著者小林昌廣さんのこどもの頃の話。

歌舞伎座の常連に、目が見えないお年寄りがおられて、見えないけれど、いつも最前列に座るのを不思議に思って見ていたと。ある時、2階席からそのお年寄りが、舞台に向かって上半身を前のめりになり耳をそばだて、文字通り「身体で観る」ということをしていたのを見た…と。読みながら、その方が舞台に食らいつく様子を、しばし想像していました。

 

「広い視点からものを言う」のを一旦外す

「広い視点からものを言う」・・・あまり自覚がなかったのですが、現代のわたしたちは、概ねそういう見方をしていると思います。「あるべき論」や、何かにつけジャッジしようとしたり。それは、自然なことではなく、一定のトレーニングを経て会得したものやったんやなあと、上の記述を読んで思いました。具体的には小中学校の道徳教育とか社会科、国語の授業からでしょうか。

「広い視点からものを言う」ことは、どちらかというと良いことと思っていました。しかし、、、大衆演劇のお芝居を観劇するには、そういう見方はちょっと置いておいても良いかもしれない。

本来の「見巧者」にはとてもなれませんが、"なんちゃって見巧者"?を気取って見ると、新境地、とっても楽しいことがわかったんです。

 

「敷居のまたぎ方」が3回とも違う

「情けの捕縄」というお芝居。何度か見たしもう見なくてもいいかな〜と思ったのですが、たまたま当たってしまった。

話の筋はわかっているので、いつもみたいにメモも取らず、余裕を持って見ていました。

役人が、うどん屋の親爺さんの長屋を尋ねる。最初、ふらっと訪ねてやってきた時は、さらっと敷居をまたぐ。そのためらいのない入り方で、役人と家人が親しい関係であることがわかる。

2度目、ここに逃げた罪人がいるかもしれないと思いながらやってきた時(実際匿っている)。少し重々しい足付きで、敷居をまたぐ。本当は入りたくない、役人の気持ちが垣間見える。

3度目。さっき「ここにはいません」と言われて引き上げたものの、またやってきて。「やっぱりいるんだろ…」と言いたげに踏み込む。この3回目の時だけ、敷居を越えた足を、かかとから着地させて、にじり、と、入っていくんです。1度目と2度目は足先から降ろしていたのに。

意識すれば、さらにいろいろ見えてきて、すごい、わ、こっちもこんな細かいことやってたんや〜と、どんどん見えてきて、、、最後、何度も観たお芝居なのに、おそらくいつも通りに演じられていたのに、わたしは、これまでで一番泣いたかも知らないと言うくらい、泣いていました。

f:id:chomoku:20170209200514j:plain

「広い視点」から見ると、役人とうどん屋の親爺さんが罪人を見逃そうとする「情け」に対し、じゃあ被害者の気持ちの方はどうなのかと、葛藤に苛まれてしまうのですね。もちろんそういう視点は大事なのですが、それによって見えなくなってしまうものが、こんなにたくさんあったのです。 

 

毎日見ているからこそ見える

キメ、山あげ、所作の数々。役者の切磋琢磨の賜物。

身体から身体へ、伝えられた記憶の再生。

「もしかしてこのシーンだけやりたくてこのお芝居やっている?」みたいに思うものも。

でも、それくらいが面白い。潔いほど面白い。毎日の生の舞台だから、日々の悲喜こもごもが混じる。それらがにじみ絵のように重なった芸のディテールは、毎日観ているからこそ出会えるものなのでは…と思ったんです。

 同じ劇場、同じ劇団の公演に、毎日客席に座っている方がある。正直、飽きないのかな…と思っていました。でも、ようやく理解できました。最高に贅沢な見方。じっくりドーンと構えて、ようやく見えてくる景色。わたしのようなお外題を選り好みしてさもしく右往左往している人間には、到底見ることのできない景色が、見えているのだと思います。

 

f:id:chomoku:20170209200210j:plain

 

たとえ素人であろうとも

「広い視野から物事を言う」ことは、上から目線の、ちょっと偉そうな視点も、きっと入ってしまっている。現代人が過去の事を、狭く未開の世界だと考えるのは、大なり小なりあると思う。

そういうのをガバっと外し、それこそ「身体で見る」くらい肉薄して、芸のディテールを、たとえ素人であろうと目を凝らせば、きっと見えてくるものがあって、、、そういう見方は、飽きることがないどころか、終わりなき幸せの境地ではないだろうか。

考えて、一人でニヤ〜っとしてしまいました。こら楽しい、ますますハマりそうということです、はい。。。

 

先ほどの引用文中の天野祐吉さんのブログには、以下のようにも書かれてありました:

歌舞伎や文楽の観客のなかには、見巧者がたくさんいて、「よっ、待ってました!」とか、「日本一!」とか、「引っ込め、大根!」とか、応援や批判のやじを飛ばして、舞台の質を支えていたんです。そう、舞台というのは、役者や芸人がつくるもんじゃない、観客がつくるんですね。…

「見巧者」と言われる人もまた、舞台の役者や芸人によって育て鍛えられる関係だったのではなかろうかと、思ったのでした。

 

 

2017年1月の感謝観劇

2017年初めの月の感謝観劇:

  • 本家真芸座@遊楽館
  • 都若丸劇団@花園会館
  • 劇団都@梅南座
  • 桐龍座恋川劇団@新開地劇場
  • 筑紫桃太郎一座花の三兄弟@夢芝居
  • 劇団KAZUMA@鈴成り座
  • 梅花女子大学劇団この花公演


後半、仕事が終わらず観劇を諦める日々でした涙。
まだまだ格闘中、、、明日は2月初日!終わらなくてももう行くぞー(あかんやろ^^;)

 

 

千穐楽はいつもドラマだ。何かあってもなくても泣きそうになる(実際泣いてる) 1日1日お芝居小屋に氣が充満していく。1月分の汗やら涙やら笑い声やらで織り上がる布、楽日の舞踊衣装はそれでできているような。旅立つ前に見せてくれる踊りはしみじみ素晴らしくて、わけもなく泣いておりました。

 

大衆演劇と"忠治" 筑豊國太郎頭取 舞踊「忠治侠客旅」2017.1.9 筑紫桃太郎一座花の三兄弟@和歌山県岩出市夢芝居

 

震えが止まらなかった。

大衆演劇は、"時の澱"が込められた宝箱だーー

 

f:id:chomoku:20170112075139j:plain

 

f:id:chomoku:20170112075353j:plain

 

f:id:chomoku:20170112075407j:plain

筑豊國太郎頭取の個人舞踊「忠治侠客旅」

 

 

「リクエストはないですか。ないですね、、、」

さっと立ち去ろうとされたので、思いきってお願いしたのです。

「頭取の"忠治"が見たいです」

「忠治?ええと島津亜矢のかな。あれはねえ、もっと、体調がいい時じゃないとね」

「はい、すみません!!また来ます。また来ますので」 

慌てて言いました。

「みなさん、忠治の舞踊ね、綺麗な着物で踊るものではないんですよ。追われて追われて、ボロボロになって、が、本当の忠治。」

ひとしきり"忠治"について話されて、

「・・・踊りましょう。(楽屋に向かって)俺の"忠治"の、出してといて」

そう言って、踊ってくださった。

 

客席の後ろから登場。舞台に向かってあるいてゆく。

 

ひとめでわかった。

何年もの間、数え切れないくらい踊ってこられただろう重さが。

骨の髄まで染みついて、"忠治"が憑依しているのと違うかとさえ思った。

 

うまいとかそういうのではない、舞踊ですらないのかもしれない。

とか、書いてますが、じつは意識が飛んでしまって、あんまり覚えていない。。。

 

でも、

(ああ、大衆演劇だ。忠治だ。)

そう思ったことだけが、頭にこびりつきました。

 

格好よさとか、"芸"がどうとか、、

むしろそういうものを一切捨てて、"忠治"に添うてゆく執念。

 

 

今、朝倉喬司氏の「走れ国定忠治」を読んでいるところで

f:id:chomoku:20170112080021j:plain

現代書館 1996,ISBN:4768466818

 

"忠治"って、こんなに面白かったんやと、目鱗ボロボロでした。

恥ずかしながら表面的なことしか知らなかった。

 

『死を予定され、受け入れる』身体

第1章「国定忠治紀行」の、「『死を予定され、受け入れる』身体」という一節に、次のような文章があります:

"にっこり笑って人を斬る、国定忠治はよい男。"

こんな文句が、テキヤ衆のバナナのバサ売りのタンカにある。数え唄ふうに数字をタンカにのせていく「二」の部分が、この「にっこり・・・」ということになる。このフレーズは、つまりは「にっこり笑って、自分が死んでいく」態度の、いわば照れ隠しの反転鏡像である。

現に、国定忠治嘉永三年一二月、大戸の関所に磔刑に処せられた時、彼はつけるのが決まりの目隠しを断り、しかも「笑って死んでいった」という地元吾妻郡坂上村の故老の話が残っている(萩原、前掲書)。本当かどうか確かめる術などないが、フォークロアとしては確実に残っている。

そしてこれは、「死を予定され、受け入れる」身体への、歴史的に形成されたなみなみならぬ思い入れを基底にして、忠治伝説の成立の核心をなすものとして、「残っている」といわざるをえない。(p.32)

 

すごい。すごい。

読み終えてないので、また改めて書かないとなりませんが、

先日、舞踊を見てーー 

大げさかもしれませんが、思ったんです。

大衆演劇は、国定忠治そのものだ、と。

 

f:id:chomoku:20170112080243j:plain

 

"筋を通した この生き様も
今宵限りと 仁王立ち
小松五郎を 万年溜の
水に浄めりゃ 赤城の月が
うつす忠治の
うつす忠治の 旅姿

「たとえ世間は変わろうと、
忠治は忠治で生きていかァ。」"

(「忠治侠客旅」歌唱 島津亜矢 / 作曲 村沢良介 / 作詞 たなかゆきを)

 

2017年1月 筑紫桃太郎一座花の三兄弟公演

夢芝居(和歌山県岩出市森118-1)
2017年1月30日まで

【昼の部】開演時間:12:00から
大人 1,500円 / 小人 1,000円
【夜の部】開演時間:17:30から
1,000円

 

yumesibai.com




 

2016年の大衆演劇へ感謝観劇 心に刻まれた舞台その4 〜「 歌」の楽しみ 5人の方のステージより

2016年、テレビの中の歌い納め番組「紅白」や「レコ大」が終わったようですが、大衆演劇の舞台でも、この1年、素晴らしい歌のステージが繰り広げられておりました。

大衆演劇の役者の皆さん「歌」も相当達者でいらっしゃって、「なんでこんなに何でもできはるの!?」と驚いてばっかりです。歌唱はもちろん、その方ならではの持ち味と、「お客さんと一緒に」という心意気がみなぎるステージングが大好きです。たくさんの歌を聴かせてもらいました:

 

千鳥さん(劇団あやめ)@笑楽座 2016.7.30 千穐楽

f:id:chomoku:20160802160522j:plain

「感謝状」(作詞:星野哲郎 作曲:弦哲也

アカペラで。あまりのうまさにびっくり。力強く、艶やかでよく伸びる声。大衆演劇界のカストラート?!

千鳥さん「かーん しゃ じょうおお〜〜〜♪」

客席「パチパチ(うーんいいなあ〜)」
千鳥さん「お〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪」(まだ伸びる)
客席「えええええ??(まだ伸びる?)」
千鳥さん「お〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪」(まだまだ伸びる)
客席「すすすすごい〜っ!!!」

この間、まったく息継ぎなし。どれくらい伸びたのか、ストップウォッチで測っておきたかったです。感嘆の声と拍手喝采。「ずっと聞いていたい」とお客さんがた、口々に。女が女に惚れる図でしたね。。。残念ながら1回しか当たらなかったので、また聞きたいなあ。

 

 

大川龍子さん(浪花劇団)@御所羅い舞座 2016.12.24 昼の部 

f:id:chomoku:20170101072828j:plain

「みんな夢の中」(作詞作曲:浜口庫之助

なくしてしまった恋を「どうせ夢だもの」と歌われる、歌詞は悲しいけれど 美しいメロディーの、しっとりとしたいい曲。大川龍子さんの歌唱で初めて知りました。

このブログでもなんども書いてますが大衆演劇界のアレサ・フランクリンと、勝手に呼ばせてもらっている大川龍子さん。大変な声量の御仁で、マイクセーブしないといけないくらいで、でも、時々リミッターを振り切って歌われる場面があり、その瞬間が「ゾクゾク(うーん、なんてソフルフル)」たまらんのでありました。

演歌と浪曲は旅かけてこそブルース。

世の連れ、人の連れ、流れてゆくのが吉。

 

 

澤村章太郎後見(章劇)@ユーユーカイカン 2016.5.26 昼の部

f:id:chomoku:20160601035659j:plain

「旅鴉半次郎 ふりむけば夕陽」(作詞:保富康午 作曲:遠藤実

歌といえばこのお方は外せません。2016年もやっぱりこの歌。他の会場ではどうなのでしょうか、ユーユーカイカンではこれを聴かないと幕が閉まらないほどの定着率・認知度です。

途中セリフのところ:

後見「お嬢さん!」
客席「はいっ!」
後見「(???戸惑いながら)お嬢さん!」
客席「(さらに大きな声で)はいっ!」

優しい後見は、客席を占める「元お嬢さん方」を、ちゃんと「お嬢さん」扱いしてくださるので(オッチャンも含め)、みんな笑顔ホクホク。

ハスキーで甘〜い低音にゾクゾク。いやー素敵であります。

 

 

恋瀬川翔炎座長(劇団飛翔)@明石ほんまち三白館、浪速クラブ他

f:id:chomoku:20160526033932j:plain

「炎」(作詞:三浦康照、作曲:和田香苗)

恋瀬川翔炎座長といえばこの歌ですよね。説明不要、初めての方も全員参加させてしまうパワー、巻き込み力は、業界随一ではないでしょうか。

座長「燃えろ燃えろ燃えろ♪」
客「しょーえん!」
座長「はいよ、燃えろ燃えろ燃えろ♪」
客「しょーえん!」
座長「なあに、炎よ燃えろ〜♪」

合いの手の中でも、この「なあに」というのが好きで、何回聞いてもクフフと笑んでいます。歌詞の「惚れた女を道連れに」のところを「惚れたお客を道連れに」と替えて歌うのが、しょーえんバージョンです。

 

 

小泉ダイヤ座長(たつみ演劇BOX)@新開地劇場 2016.10.6 夜の部

f:id:chomoku:20170101073258j:plain

 
「まずい歌ですが聞いてください」と言って歌い始められる、ダイヤ座長。朗かな地声での歌唱、持ち前の明るいムードのステージングに惹かれます。「DAIYA」の名とダイヤ柄の着物にも注目。

楽しみの1つに「ペンライト」。ダイヤさん、毎回、客席のペンライトの数を「日本野鳥の会」よろしく数え挙げられるのです。歌の最後に「今日は○○本でした。応援ありがとうございました〜!」と、発表してくれるのが嬉しくて、頑張って振ってます。

この年になってペンライトを振るとは思いもしませんでしたが、いやー、、、楽しいです。笑

ペンライトなどの「光りもの」を、観劇グッズとしてカバンに常備してまして、観劇以外にも自転車のライトにも使っています。

便利で可愛い子 なんですよ

f:id:chomoku:20170101071140j:plain

このあひるのペンライトは蛙子さん(@kaebullet)にいただいて、スペアを求めておもちゃ問屋さんへ、1ダース求めました。12本。どないすんねん〜と思いましたが、お譲りしたりしているうちに、使い切り、年末に補充しました。

 

大衆演劇の舞台の楽しみに1つの「歌」のコーナー。どの劇団さんにも、歌手がおられて、ここから知った歌、好きになった歌がたくさんあります。

2017年も楽しみに。。。  

 

 

 

 

2016年の大衆演劇へ感謝観劇 心に刻まれた舞台その3〜相舞踊、一人ラストショー、1か月の公演、客席でもらったものなど

2016年の観劇を振り返って 印象に深く残っている舞台から、お芝居も舞踊もまだまだ、ありすぎて書きれませんが、相舞踊、ラストショーなどを、思いつく順に、書き置きます。つらつらっと お付き合いください〜:

相舞踊「おさん茂兵衛」一條こま座長・大御笑佛さん 劇団花月@びわ湖座 2016.2.21夜の部 

f:id:chomoku:20160222085125j:plain

(2016.2.21 夜の部 劇団花月@琵琶湖座 舞踊ショーより)

 

一條こま座長と大御笑佛(おおみしょうこ)さん、女性二人による相舞踊。琵琶湖畔の夜に見た、淡い夢のような、数分間。実際のおさんと茂兵衛も、この日の舞踊のお二人のようにうら若く、世間に対してあまりにも無力なカップルではなかっただろうか。。 

f:id:chomoku:20160222153512j:plain

f:id:chomoku:20160222091303j:plain

ブログの記事にしていますので、よかったらぜひ: 

2016年2月21日 夜の部 劇団花月@琵琶湖座 舞踊ショー「おさん茂兵衛」 - chomoku


 

「一本足踊り」鹿島順一座長@遊楽館 2016.10.8 夜の部

f:id:chomoku:20161011160724j:plain

"雨と雪に閉ざされた人生に暁差す日がきっと来る"

f:id:chomoku:20161011160749j:plain

これは個人舞踊ではなく「一人ラストショー」と思いました。三代目渾身の舞踊。「リクエストがあったのでもう1回どこかでやります」と言われ、絶対見たいと思ってました。予想通り?千秋楽のアンコールで。やったー!でした。

 

 

1ヶ月通しで参った公演

2月 本家真芸座@鈴成り座

初日には行けませんでしたが、1ヶ月間、よう通いました。
「たこ焼きプレゼント」の日も「抽選会」の日も、行きました。
洗剤が当たりました。ありがとうございます。

f:id:chomoku:20161231170351j:plain

鈴成り座のたこ焼き、うんまい!です。わたしのような他府県の者にとって、大阪のたこ焼きは総じて美味しく良心価格。梅南座のおでんといい、劇場で提供される食べ物のレベルの高さも、特筆せねばなりませんね。

抽選会も、初めてでした。お芝居に舞踊を見せてもらった上に、こんなおもてなしまで。どうお礼を言うたらいいやらでした。

f:id:chomoku:20161231172021j:plain

 

イベントの極め付けは、やはり「梅之助祭り」でしょうか。

総座長が久しぶりに主役を演じられたという「三浦屋孫次郎」に、「俵星玄蕃」のフルバージョンを至近距離で。強烈でした。しばらく立てなかったなあ。

f:id:chomoku:20161231170424j:plain

いつもひと月に5回行けたらいい方だったので、初めていっぱい通い詰め、1ヶ月という単位の公演の楽しみを知りました。

日を重ね、お芝居や舞踊ショー以外のところでも交流があり、その街の人との関係が醸成されていくんやなあ、、、そして、それら全部が、来年再来年の「ただいま」「おかえり」という挨拶になってゆくのやなあと、実感しました。

 

10月 鹿島順一劇団@遊楽館

再結成されて2ヶ月目の公演が大阪で。十三駅から徒歩3分、仕事終わりダッシュすればお芝居にギリギリ間に合うので、初日からいっぱい行きました。楽しかったー。お芝居にいっぱい泣き、笑い、客席でいっぱいしゃべって、いっぱい考えた1ヶ月。

f:id:chomoku:20161231171345j:plain

客演の春咲小紅さん だんだんお話しできるようになって嬉しかった~

 

ツイッター繋がりの方々とも会えて、毎日来ておられるという座つきの方とも話せる間柄に、そうそう、劇場のとなりのナイトクラブの呼び込みの方とも「こんにちは〜」と挨拶できるようになって、劇場までの道中でも日ごとに楽しみが増えました。

そして何を隠そう、この月でわたし、ハンチョウをかけられるようになったのでした。たはー。まだまだおっかなびっくりやってますが、もっとうまくかけられるようになりたいものです。

f:id:chomoku:20161231171606j:plain

例えば 甲斐文太さんのようなベテランの方に「ぶんた!」などと呼び捨てにするのにはまだまだ勇気が要るのですが
気後れせず、ますます盛り上げるわよ!ざちょう〜〜っ!

 

・・・と、あともう1記事、書けたら書きたいのですがーー(去年結局書けなかったし)日付は大晦日。次回はもう三番叟かしら・・・

 

2016年は、大衆演劇観劇ライフ大転機の1年でした。 ますます深みに、でも、いつかはうーんと気楽に、、、

来年も一層、よろしくお願いいたします〜〜〜

 

 

Copyright © chomoku All Right Reserved.